2019/02/23

古本屋さんの掘り出し物。着物の本の話。

Tags

時々古本屋さんに行って、店内をぶらついています。古本屋さんを目的に出歩くことはほとんどないのですが、主人の運転で移動している時など夫婦で寄ることがあります。本屋さん、古本屋さん。楽しいですよね。

今日は良いものをゲットできました。
帯結び100選」「七緒 Vol.23」の2冊です。



どちらも古い本なのでAmazonマーケットプレイスが一番安いですね。帯結びはタイトル通り、帯の結び方。男性の帯も収録されています。たくさんいろんな帯結びを知りたいので見つけられて嬉しいです。帯といえば「帯結びアレンジ帖」「おとなの半幅帯結び スタイルブック」も気になっています。

七緒 Vol.23は2010年のものですけど、六通柄名古屋の寸法図が掲載されていました。八寸名古屋のかがり方も。時々、こう行った自作系に役立つ情報が載っているので楽しみな一冊。しかし去年測る前に出会いたかった。結構面倒なことをしたのになぁ〜。

着物リメイク系の本は本屋さんに行くたび探して立ち読みをしたり買ったり。最近のヒットは「リメーク小物で楽しむふだんの着物」です。利休バッグの作り方が載っています。これは利休バッグの作り方を検索して、ブロガーさんが紹介している記事を見つけたのが出会いです。いま、私の中でお直し・リメイクのアンテナがバリバリ立っているので、ブログ記事から知る本がたくさんあって、嬉しいし楽しいけれど、お財布が悲鳴をあげています。本代も馬鹿になりませんよね。

増えすぎた本は切り離してスキャンしてデータ化して、紙は捨てるっていう自炊をします。どうしても紙で取っておきたいものはそのまま保管。あとは、紙で買うほどじゃないけれど読みたい本(雑誌)で楽天マガジンにあればそちらでチェックしています。月額で低価格でデバイス5台までOKなので、おすすめです。着物は「美しいキモノ」があります。

回し者みたいになってしまった…。



by konomi

30代で和装に目覚めました。商業撮影に携わる仕事の関係で衣装として単衣をミシンで作ったのが私の手作り着物の始まり。着物デビューから、ブログを始めてが経過。2018年秋から他装、2019年から袴着せ付け、和裁まで手を広げてひっそり活動中。

お気軽にコメントどうぞ。
EmoticonEmoticon